EVENT

イベント

上田街中演劇祭2020参加作品 広田ゆうみ+二口大学『いかけしごむ』

開催日 2020年10月03日 (土) 19:00~

湿った風に吹き寄せれられるように出会ってしまった人々の、かなしくもおかしなものがたり。

京都を拠点に活動を続ける俳優・広田ゆうみと二口大学。2010年から取り組みの一つとして行っているのが、日本の不条理演劇の第一人者でもあり、今年3月惜しくもこの世を去った別役実作品の上演や文藝作品の朗読。今回は一幕劇の傑作と名高い「いかけしごむ」を犀の角で上演いたします。

夜の街はずれの公園で出会う男と女。男は、イカを原料とするゲシゴムを発明した結果、命を狙われていると訴えますが、女はそれに耳を貸すことはなく、、、。別役ワールドをご堪能くださいませ。

作:別役実
演出:広田ゆうみ
出演:広田ゆうみ 二口大学 荒井洋文

10月3日(土)19:00 開演
10月4日(日)14:00 開演
10月4日(日)17:00 開演
受付開始・開場は開演の30分前

一般 2,500円(当日共)
U-22(22歳以下)1,000円(当日共)
※U-22は精算時に22歳以下を証明するものをご提示ください。

チケットのご予約は以下のサイトから
https://ikakeshigomu2020.peatix.com/view

犀の角の駐車場はご利用いただけません。
近隣の駐車場をご利用ください。

「いかけしごむ」
「イカケシゴムを発明してブルガリヤ暗殺団に追われている」と語る男に、女が告げる《現実》とは。 湿った風に吹き寄せられるように出会ってしまった孤独な人々の、懸命な、それゆえに悲しく滑稽な 「闘い」を描く。
日本に於ける不条理演劇の第一人者である今年3月に逝去した別役実の戯曲。1989 年初演。

 

広田ゆうみ+二口大学
京都を拠点に演劇活動を続ける広田ゆうみと二口大学。
広田ゆうみは 2006 年までユニット〈小さなもうひとつの場所〉で 10 年に渡り多数の別役実戯曲を上演。多岐に渡る別役実作品を耽読し、特に童話作品については朗読も継続的に行っており、その取り組みから得た視点と、蓄積による確かな立脚点をもって出演・演出を担当。

 

二口大学は「顔を見ないと忘れる」(作・演出 鈴江俊郎)で第10回関西現代演劇俳優賞男優賞を受賞するなど、その実力を広く認められた俳優。別役実作品にもかねてより興味をもっており、広田の呼びかけに応えて継続的にその作品に取り組んでいる。

 

広田ゆうみと二口大学による別役実作品の上演は、
2010 年 7 月「いかけしごむ」
2011 年 1 月「眠っちゃいけない子守歌」
2011 年 6 月「もうひとりの飼主」
2012 年 2 月「クランボンは笑った」
2012 年 7 月「部屋」
2013 年 2 月「この道はいつか来た道」
2013 年 6 月「いかけしごむ」再演
2014 年 10 月「クランボンは笑った」再演
2015 年「もうひとりの飼主」再演
2016 年「いかけしごむ」京都芸術センター15 周年 KAC Showcase/Theater 参加
2019 年 10 月 「受付」KYOTO EXPERIMENT 2019 フリンジ作品

 

2017 年からは他地域へのツアーもスタート。

 

2017年「いかけしごむ」二都市公演(6月 三重・津あけぼの座、8月 愛媛・シアターねこ)
2018年「この道はいつか来た道」による三都市公演(3月 京都・人間座スタジオ、6月 三重・津あけぼの座、8月 愛媛・シアターねこ)
2019年「クランボンは笑った」による三都市公演(3月 京都・人間座スタジオ、6月 三重・ 津あけぼの座、8月 愛媛・シアターねこ)および「この道はいつか来た道」による二都市公演(5月 長野・ 犀の角、沖縄・アトリエ銘苅ベース)
2020年は「眠っちゃいけない子守歌」による三都市公演(6月 三重・津あけぼの座、8月 愛媛・シアターねこ、10月に延期 京都・人間座スタジオ)を開催。

 

【新型コロナウイルス感染症予防のため、以下の点にご注意ください。】

・37.5°以上の発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、間接・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐等の症状のある方、過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方はご来場をお控えください。
・場内ではマスクを着用のうえ、手指消毒、社会的距離の確保にご協力ください。
・当日券を含むすべてのお客様の緊急連絡先をお伺いいたします。いただいた情報は必要に応じて保健所等の公的機関へ提供される可能性があります。

会場:犀の角
主催:広田二口企画

同じカテゴリの記事

開催日 2021年04月24日 (土) 14:00~
大阪発、最強の一人芝居フェスティバルが犀の角で再び! 新型コロナウィルスの蔓延により、昨年秋から延期されていた『INDEPENDENT in 上田 2020』。延期の公演日程が改めて決定いたしました! コロナ禍で感染症対策を施して開催する今回は、長野県 ・・・続きを読む

開催日 2021年04月09日 (金) 19:30~
昨年末の東京芸術祭シンポジウム、美学校シンポジウムにて放送し物議をかもした水野和夫×岸井大輔×横山義志「より近く、よりゆっくり、より寛容に ~コロナ後の世界経済と舞台芸術~」の復習会を犀の角で行います。資本主義の後には舞台芸術主義の世界が来るという経済学者 ・・・続きを読む

開催日 2021年03月26日 (金) 19:00~
2019年の台風19号で、上田市のシンボルの一つともいえる別所線の赤い橋が崩落しました。 そして、1年5か月の月日を経て、あの赤い橋がもう一度蘇ります。 これは、赤い橋を見つめ続けた一つの家族の物語です。 《作・演出》 KIKY 《キャスト》 ・・・続きを読む

Access

電車でお越しの場合 by train

北陸新幹線・しなの鉄道・別所線「上田駅」より徒歩10分
Hokuriku Shinkansen / Shinano-railway / Bessho Line
10min on foot from UEDA sta.

車でお越しの場合 by car

  • 上信越自動車道・上田菅平ICより約10分
    10min by the car from Ueda-Sugadaira I.C.
  • 長野自動車道・岡谷ICより約80分
    80min by the car from Okaya I.C.
  • 長野自動車道・松本ICより約70分
    70min by the car from Matsumoto I.C.

※ 駐車場について
ご宿泊のお客様は、犀の角裏にある専用駐車場をご利用ください。
イベントにご来場のお客様は、駐車可能台数に限りがあるため「海野町パーク」など、近隣の駐車場をご利用ください。