EVENT

イベント

『羽衣・天・水にまつわる探訪』中間発表トークショー|サイノツノ・アーティスト・イン・レジデンス

開催日 2023年07月24日 (月) 19:00~

『羽衣・天・水にまつわる探訪』
〜インド・ケーララ州/サヒヤンデ劇場 × 信州/犀の角「羽衣」プロジェクトにおけるリサーチ及び滞在制作〜

「犀の角」と「サヒヤンデ劇場」、同じ地方都市に位置する文化拠点として劇場を運営してきた二者と、両劇場での出演やインドでの長期クリエイションの経験を持つ俳優・美加理氏が国境を超え協働し、世界各地に普遍的に存在する「羽衣」伝説をモチーフとした舞台作品を3年間かけて創作します。

1年目である今年は日本各地に伝わる「羽衣」伝説や、伝統芸能、民話などを調査し作品へのインスピレーションを積み重ねていきます。
2年目はケーララ州での滞在創作とワークインプログレスを、3年目は、「犀の角」をはじめとする日本国内での滞在制作と巡回公演を想定しています。

中間発表トークショー

【登壇】 シャンカル・ヴェンカーテシュワラン、美加理、鶴留聡子

開催日時:2023 年 7月24日(月)19:00 開演(30 分前開場)
会場:犀の角(長野県上田市中央2丁目11-20)

チケット料金:1,500 円
ご予約:https://hagoromoproject.peatix.com

羽衣プロジェクトについて

南インド・ケーララ州の山中に自ら製作した「サヒヤンデ劇場」を構えながら国際的な活動を展開する演出家シャンカル・ヴェンカテーシュワラン氏は「犀の角」において、ダンサー・振り付け家の山田せつ子氏 ( 元 京都造形芸術大学舞台芸 術学科教授 ) とのつながりから、2020 年に長野県芸術監督団事業「NAGANO ORGANIC AIR」上田プログラムとしてリサ ーチし、アーティストや市民らとの交流を行いました。
翌21年には、上田街中演劇祭で、同事業として氏が京都芸術大学と製作した『犯罪部族法』の映像作品 の上映会を上田映劇で行い、その後、インドとオンラインでつないだポスト・パフォーマンス・ディスカッションを「犀の角」で開催し、多くの観客が鑑賞しました。

08年に、美加理氏とシャンカル氏はインドにおける共同制作でクリエイションを共にしています。「羽衣」は 日本だけではなく、アジア各地にも伝説が残されて います。今年のリサーチはそれぞれの文化の中で描かれ る物語にインスピレーションを得て、インドと日本のみならず、国を超えて個人、更には人間とは何かを探求していく時間となることでしょう。

《滞在期間》
2023 年 7 月 7 日(金)~25 日(火)

《 参加アーティスト》
演出:シャンカル・ヴェンカテーシュワラン
俳優:美加理
制作・通訳:鶴留聡子

《リサーチ先 ・ 滞在制作内容》
〇三保の松原など、日本各地に伝わる羽衣伝説の調査・研究
〇天竜川流域や上田地域に伝わる民話や伝承、民俗芸能の調査・研究
〇別所温泉柏屋別荘にて滞在制作

《リサーチの記録をnoteで公開中!》
リサーチチームの旅の記録をnoteで随時公開しております。
滞在先でインスピレーションを得ている様子をチェックしてみては?
https://note.com/hagoromo_project


シャンカル・ヴェンカテーシュワラン
1979年生まれ 。インド ・ケーララ州出身の演出家。カリカット大学演劇学部を首席で 卒業後、シンガポールの演劇学校シアタ ー・トレーニング&リサーチ・プログラムにて3年間学ぶ。2007年、劇団シアター・ルーツ&ウィングスを旗揚げ。2009年、国際交流基金と信州大学の招聘で松本にて3ヶ月間の滞在制作、まつもと市民芸術館にて作品発表を行う。京都芸術大学舞台芸術研究センターとの共同製作による『水の駅』(2016年/KYOTO EXPERIMENT 2016 AUTUMN にて上演)、『インディアン・ロープ・トリック』(2020 年/シアターコモンズも共同製作)などがある。

美加理(みかり)
東京生まれ。俳優。高校在学中に故・寺山修司作・演出の「青ひげ公の城」で舞台デビューし、小劇場で活躍した後 、演出家・宮城聰とともにク・ナウカシアターカンパニーの設立に参加。「王女メデイア」、「天守物語」 、「マハーバーラタ~ナラ王の冒険~」など多くの作品で主演。その極度に集中した演技と強い身体表現は高い評価を集める。2007年以降にソロ活動を開始。音楽家・種子田郷とのダンス・パフォーマンス「生のものと火を通したもの/闇の碧」、インドの劇団シアター・ルーツ&ウィングスとの「山脈の子/エレファント・プロジェクト」などがある。

photo:kyoko kajita


[スタッフ]
舞台監督:村上梓
照明:伊藤茶色
音響:合同会社犀の角
プロデューサー:荒井洋文

[お問い合わせ]
犀の角(上田市中央 2 丁目 11-20)
Tel:0268-71-5221(7:30~10:00 / 16:00~21:30)月曜定休

[主催]一般社団法人シアター&アーツうえだ
[協力]サヒヤンデ劇場 柏屋別荘倶楽部
[支援] 信州アーツカウンシル ( 一般財団法人長野県文化振興事業団 )
令和 5 年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業

同じカテゴリの記事

開催日 2024年04月20日 (土) 18:30~
逃げようとするすべての大人たちに告げる。 モアパッション、モアエモーション! 京都演劇界が生んだ至宝、劇作家・演出家のマキノノゾミが同じく京都にルーツを持つ「犀の角」とタッグを組み、マキノ演劇の原点であり、つかこうへいの代表作のひとつである「初級革命講 ・・・続きを読む

開催日 2024年04月06日 (土) 15:30~
日本を代表する劇作家つかこうへいの代表作のひとつ『初級革命講座飛龍伝』を劇作家・演出家のマキノノゾミ氏が演出を手がける演劇公演が全国7地域で行われます。 その舞台制作が2024年3月末から上田市にある民間施設「犀の角」で行われ初演を迎えます。マキノ氏をは ・・・続きを読む

開催日 2024年03月16日 (土) 13:00~
ご挨拶 はじめまして。上田市にて活動している表現集団Esperanza(エスペランサ)です。 今回、旗揚げ公演を犀の角で公演することになりました。 始まったばかりの団体なのでハラハラとドキドキが多いと思いますが、 是非会場に足を運んでいただき、応援 ・・・続きを読む

Access

電車でお越しの場合 by train

北陸新幹線・しなの鉄道・別所線「上田駅」より徒歩10分
Hokuriku Shinkansen / Shinano-railway / Bessho Line
10min on foot from UEDA sta.

車でお越しの場合 by car

  • 上信越自動車道・上田菅平ICより約10分
    10min by the car from Ueda-Sugadaira I.C.
  • 長野自動車道・岡谷ICより約80分
    80min by the car from Okaya I.C.
  • 長野自動車道・松本ICより約70分
    70min by the car from Matsumoto I.C.

※ 駐車場について
ご宿泊のお客様は、犀の角裏にある専用駐車場をご利用ください。
イベントにご来場のお客様は、駐車可能台数に限りがあるため「海野町パーク」など、近隣の駐車場をご利用ください。