EVENT

イベント

平泳ぎ本店 第8回公演 『若き日の詩人たちの肖像』上田・犀の角公演

開催日 2024年05月25日 (土) 18:30~

俳優主体のカンパニーとして、舞台上での俳優の自由と主体性を問い続けながら創作を重ねてきた平泳ぎ本店/Hiraoyogi Co.の新作公演。
戸山公園野外演劇祭参加作品として、堀田善衞作『若き日の詩人たちの肖像』からシーンをコラージュ、再構成して野外劇として上演します。

二・二六事件から始まる暗い夜の時代に、東京の深海部に生きる若い無名の詩人、作家、俳優、劇作家の卵たち。
彼らが生きようとした昭和十年代という時代は、あまりにも息苦しい。
閉ざされた時間と不安の中に育まれる若い知識人たちの魂の成長と変遷を描く、堀田善衞による世紀の自伝的長編の言葉を通して、今この時代に生きている私たちの言葉が果たしうる役割を問いかけます。

舞台上の俳優の存在とさまざまなテクストからシーンをつくりだすことの実験と挑戦を繰り返してきた平泳ぎ本店によって、小説を読むのとはまたちがう色合いをともなって詩人たちの過ごした日々が野外の舞台に演劇として立ち上がります。

原作=堀田 善衞(『若き日の詩人たちの肖像』 集英社文庫 1977年)
構成・演出=松本一歩
オブザーバー=藤代修平(SPAC 静岡県舞台芸術センター)

出演者
小川哲也 河野竜平 鈴木大倫 松永健資 松本一歩
熊野晋也

主宰・松本一歩コメント

『若き日の詩人たちの肖像』は、戦争の気配が色濃く漂い、死とすぐ隣り合わせで押し潰されそうになりながら青春の日々を過ごした若者たちの物語です。
たとえ同じ国で生まれ青春を過ごしたとしても、「せめて三十五くらいまでは生きられたらと思う」と切実に願った彼らの姿を目の当たりにすると「これはわたしたちの話だ」というのはおこがましくて、とても許されないような隔たりを感じます。
いつだって世界の、時代の大きなうねりの中で芸術にできることなどごくごく限られているのでしょう。こと演劇となればなおのことです。
だから野外で野ざらしで、この作品の言葉を上演してみたいと思いました。その気になればほとんどすべてを思いどおりにできなくもない劇場のなかとはちがって、吹く風や降る雨、暮れゆく日差しに晒され、鳥や虫の鳴き声のなかで心細げに、それでも自由をしたたかに身に宿して立つ俳優の姿に、来るべき個人主義の欠片が見えたらと願っています。
時代がどうあれ、文学は誰にも奪うことはできません。そして文学を真に自由なかたちで演劇として立ち上げてくれるのは俳優と、その日その場に居合わせてくれる観客の方たちなのだと信じています。

日時

2024年
5月25日(土)18時30分 開演
5月26日(日)11時00分 開演
※各日開演の30分前より受付開始・開場

会場

上田 犀の角
http://sainotsuno.org/access/

チケット料金

一般 2000円
U-25 1500円
中学生以下 無料(要予約)
※当日は各500円増し
※未就学児観劇可能

こころざしチケット 5000円
こころざしチケットは、平泳ぎ本店の活動を応援してくださる方へ向けたチケットです。

*U-25チケットを購入のお客様は当日年齢などが確認できる証明書をご提示ください。
*こころざしチケットは各チケット代金との差額で平泳ぎ本店の活動をご支援頂けるチケットです。御礼としてリハーサルの記録をご覧いただける等の特典をご用意しています。
*中学生以下は無料ですが、チケットのご予約はお願いします。

◉ご予約はこちら◉

観劇時の注意事項

*土曜日の公演は日の入りに合わせ、定刻での開演となります。お時間に余裕を持ってお越しください。
*お客様の都合によるキャンセル、返金はお受けできません。
万が一、悪天候等で中止の場合はご予約時にいただいたメールアドレスにご連絡いたします。また平泳ぎ本店X、ブログにてお知らせいたします。

問い合わせ

平泳ぎ本店/Hiraoyogi Co.
担当:松本
MAIL hiraoyogihonten@gmail.com
TEL 090-7860-5600
〔Blog〕 http://hiraoyogihonten.com
〔Twitter〕 @hiraoyogihonten
〔note〕@hiraoyogihonten


◯上田・犀の角公演 スタッフ
小道具協力=辻本直樹(Nichecraft)
広報・衣裳協力=廣瀬響乃(PMC野郎)
企画制作・主催=平泳ぎ本店/Hiraoyogi Co.

◯協力
M.M.P サムライプロモーション 大沢事務所 Nichecraft
ポップンマッシュルームチキン野郎 一般社団法人シアター&アーツうえだ


◎松本一歩 Kazuho Matsumoto
1989年生まれ 平泳ぎ本店主宰・俳優・演出。
シンプルなものと過剰なもの、素朴なものと込み入ったもの、わかるものとわからないもの、様式的な美しさと生身の俳優の魅力と、相反する二つのものを舞台の上に両立させる上演を志す。
「言葉でもって言葉を超える瞬間」や「言葉の芸術なのに『言葉に出来ない』瞬間」を追求する。

◎平泳ぎ本店/Hiraoyogi Co.
2015年より活動開始。メンバー全員が俳優であり、俳優主体の創作を行っている。
俳優自身の発想を基に、ディバイジング(集団創作)により様々な演劇手法を駆使しつつ、演技体を織り交ぜ凝ったシーンを造形していく創作方法に特徴がある。
「真剣に演劇について悩んで、真剣に演劇を愛する」(クリス・グレゴリー氏)。
2018年、第3回かもめ短編演劇祭にて戯曲選抜チームとしてかもめ賞(最高賞)を含む三部門を受賞。
コロナ禍による中断を経て『俳優の魂/贋作 不思議の国のニポン演劇盛衰史』(2022年、第2回新潟劇王)、『米の国のコメ吉の冒険をしるす劇』(2023年、第3回新潟劇王)を発表(会場はともにりゅーとぴあ)。
神奈川県庁での特別公演や下北沢の路上演劇祭への参加など、劇場外でのパフォーマンスも得意とする。
①オリジナル作品での海外公演
②未だ誰も想像していない場所での野外劇の遂行
③創作拠点となる劇場の建設
を次の10年の活動目標とする。

同じカテゴリの記事

開催日 2024年06月22日 (土) 13:00~
昨年の演劇公演『ペール・ギュントに、会いたくて。』を経て、 犀の角に再び長野市在住の演出家/アーティストのシモン羽布さんが登場! 今回は数々の作品で衣装・美術・演出・脚本などを手掛ける羽布さんと過ごす、 演劇みたいなワークショップみたいなお時間です。 ・・・続きを読む

開催日 2024年06月01日 (土) 00:00~
撮影:太田拓実 犀の角の新年度が6月から始まります。 今年も県内をはじめ日本各地からジャンルや世代が異なる多彩でユニークなアーティスト達が集まります。作品、アーティストとの出会いをどうぞお楽しみに! こちらで紹介する演目は、お得な「感劇チケット」 ・・・続きを読む

開催日 2024年05月08日 (水) 18:31~
ひみつきち、みーつけた! 劇場・映画館・図書館・アート×福祉・・・ ここでしか出会えないユニークな人たちと 放課後や休日はオモシロいコトを一緒にしませんか? 「のきした」と「うえだイロイロ倶楽部」 上田市でコロナ禍をきっかけに誕生した、助け合いと ・・・続きを読む

Access

電車でお越しの場合 by train

北陸新幹線・しなの鉄道・別所線「上田駅」より徒歩10分
Hokuriku Shinkansen / Shinano-railway / Bessho Line
10min on foot from UEDA sta.

車でお越しの場合 by car

  • 上信越自動車道・上田菅平ICより約10分
    10min by the car from Ueda-Sugadaira I.C.
  • 長野自動車道・岡谷ICより約80分
    80min by the car from Okaya I.C.
  • 長野自動車道・松本ICより約70分
    70min by the car from Matsumoto I.C.

※ 駐車場について
ご宿泊のお客様は、犀の角裏にある専用駐車場をご利用ください。
イベントにご来場のお客様は、駐車可能台数に限りがあるため「海野町パーク」など、近隣の駐車場をご利用ください。