EVENT

イベント

第六感劇場 つつじ忌2023~山駈けの儀~

開催日 2023年05月13日 (土) 18:30~

舞台は犀の角の北西、虚空蔵山から太郎山の山中。

目に見えないウィルスの席巻した時代を経て、
なおも問い直される「演劇」の条件。

目に見えるもの、分かりやすいものの世界を超えて、
私たちの第六感は娘のさけびをとらえるか?

上田市にある太郎山にまつわる民話として名高い「つつじの娘」。娘は恋人であるおとこに太郎山の崖から突き落とされて命を落とします。悲運なむすめの魂を弔うため、つつじの花が咲くこの季節、【犀の角】あるいは【虚空蔵山および太郎山に思いを馳せられるあらゆる場所】にて慰霊祭を行います。

慰霊祭では、むすめに扮した俳優が夜を徹して実際の虚空蔵山と太郎山を駈け、男の家で餅を振る舞います。娘の帰りを犀の角で待つもよし、山がよく見える場所でその気配を感じるもよし。娘がどんな気持ちで山を駈けていったのか、男はどんな気持ちで娘を待っていたのか。あなたの五感を、あるいは第六感を研ぎ澄ませて感じてください。


【第六感劇場とは】

新型コロナウイルス感染拡大の影響により劇場に人が集まることが難しくなった中、犀の角で新たな演劇の在り方を模索しようと2021年から始まった試み。上演は劇場内ではなく、俳優の姿すら見えないほど遠く離れた場所で行なわれます。人間の五感を、あるいは第六感を研ぎ澄ましていけば、劇場に足を運ばずとも、俳優は観客を、観客は俳優を感じ取ることが出来るのではないか?

コロナが終息を迎えるとされる今もなお、問い直される「演劇」そして「劇場」の概念に対する挑戦は止みません。あらゆる身体感覚を開放して、同時刻に、あらゆる場所で、パフォーマンスをお楽しみください。

「つつじ忌」期間中の関連イベントはこちら


【過去の第六感劇場 参考リンク】


【第六感劇場~山駈けの儀~の楽しみ方】

その1. 犀の角で参列(現地)
式場で慰霊祭に参列した後、山へ向かうむすめを見届け、待ち、祈り、そして迎える
その2. 第六感で参列(遠隔)
慰霊祭開始と同時刻に、自宅をはじめあらゆる場所から慰霊祭に思いを馳せ、むすめの想いを受け取る

◉娘が山を駈けている間、ライブ演奏などが断続的に行われます。
◉お飲み物、お弁当、おつまみなどの販売をいたします。途中入退場も可能です。
◉本作品は五感および第六感で楽しんでいただく為、インターネットを介した映像配信等は行いません。
◉遠方の方はご自宅に居ながら、慰霊祭に想いを馳せる第六感でのご参列も可能です。ご予約は「遠隔参列」でご指定ください。4月30日(日)までに遠隔参列をお申込み頂いたお客様には、鑑賞の手助けとなるアイテムと詳細を記したご案内をお届けします。お申し込みの際に郵送先をお知らせください。

おめぇに逢いてぇ、ただそれだけで 山の夜道を通ってくるだ。

第六感劇場のフィナーレとして、『つつじの娘』の登場人物である“娘”の慰霊祭を執り行います。

【つつじの娘】再話:塩田平民話研究所

山口村に美しいむすめがいた。松代のおとこと仲良くなり、太郎山などの山々を越えて毎晩娘が餅を持っておとこのもとを訪れるようになった。家を出る時両手に米を握りしめ、遠い山を越えてくると、餅になっているという女。二人はその餅を仲良く食べた。やがて、おとこはむすめを怪しむようになり、ある晩ついに女を崖に突き落とす。その時ほとばしった血が、真っ赤なつつじとなって咲くようになった。

【キャスト】

むすめ 寂光根隅的父(じゃこうねずみのパパ)
花   塚田有一
朗読  GOKU 山﨑到子
演奏  小野秀 大沢夏海

【式次第】

18:00 開場
18:30 開会
出立の儀
奏演の儀
21:00(娘、入山)
23:00(娘、虚空蔵山頂 通過)
25:00(娘、太郎山山頂 通過)
26:00(娘、表参道登山口通過)
27:00頃 娘、犀の角到着
餅の儀
歓喜の舞
つつじ祈願お焚き上げ
翌朝 閉会

【つつじ祈願】

誰にも言えない、貴方の秘めたる呪詛呪言を手紙にしたため、犀の角までお寄せください。お預かりした手紙は封をしたまま娘と共に山を駈け、上演の最後にお焚き上げ(+500円)させていただきます。祈願のみのご参加も可能です。

<あて先>
〒386-0012 長野県上田市中央2丁目11-20 犀の角つつじの娘 宛
※封筒には封をしてください。
※送料はご負担ください。直接お持ち込みも可能です。
※お焚き上げ料のお申込みは peatix にてお願い致します。

ご参列の申し込みはこちら

つつじ忌2023 | Peatix
* 天候やコロナ感染状況などの事情により祭事内容や会場を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

参加費

現地参列(一般) :3,000円
現地参列(U-22)   :1,500円
遠隔参列(一般) :2,000円

つつじ祈願 お焚き上げ料:各 +500円

4月30日(日)までに遠隔参列をお申し込み頂いたお客様には本作の詳細を記したご案内をご自宅にお届けします。お申し込みの際に郵送先をお知らせください。
※つつじ祈願にご参加の方は、当日までに郵送または持込にて犀の角まで手紙をお寄せください。お焚き上げ料として500円のお支払いをお願い致します。

日時

2023年5月13日(土)
18時30分式典開始/翌日明け方終演予定
※18時に開場いたします

式場

犀の角
上田市中央2丁目11ー20

準備へのご参加

慰霊祭に向けた準備をお手伝いしてくださる方を募集していま す。ご興味のある方は犀の角までお問い合わせ下さい。

スタッフ

舞台監督:村上梓
照明:伊藤茶色
音響:尾関崇之(EARTH SOUND FACTORY)
宣伝美術:大沢夏海
制作:唐川恵美子
撮影:安徳希仁
プロデュース・構成:荒井洋文
主催:一般社団法人シアター&アーツうえだ
協力:塩田平民話研究所
助成:令和5年上田市文化支援事業
後援:上田市、上田市教育委員会

お問い合わせ

Tel:0268−71−5221(7:30〜10:00/16:00〜21:30)
月曜定休

Mail:info@sainotsuno.org
Web:http://sainotsuno.org/


公演の最新情報は、犀の角のHPまたはFacebookにて随時更新していきます。

同じカテゴリの記事

開催日 2024年01月21日 (日) 15:00~
来年2月の公演に先立ち、藤村や作品への理解を深め、親しみを持っていただけるようにトークイベントを開催します。第二回目は、上田市立美術館の学芸員をお招きし、上田市のゆかりの版画家、教育者の山本鼎と藤村がフランス・パリにおいて親交があったという事実を探りながら ・・・続きを読む

開催日 2023年12月23日 (土) 14:00~
来年2月の公演に先立ち、藤村や作品への理解を深め、親しみを持っていただけるようにトークイベントを開催します。第一回目は「島崎藤村『夜明け前』の楽しみ方」と題して行います。演出の志賀亮史氏、俳優の山本晃子氏らが登壇予定。藤村プロジェクトについて解説するととも ・・・続きを読む

開催日 2023年05月06日 (土) 19:00~
つつじ満開の季節、犀の角に咲き乱れる恋の花。 信州上田に伝わる民話『つつじの娘』に着想を得て、 つつじを愛で称える5月の一週間。 真赤なつつじに貴方が見出すのは恋の喜びか、哀しみか—? 上田市にある太郎山にまつわる民話として名高い「つつじの ・・・続きを読む

Access

電車でお越しの場合 by train

北陸新幹線・しなの鉄道・別所線「上田駅」より徒歩10分
Hokuriku Shinkansen / Shinano-railway / Bessho Line
10min on foot from UEDA sta.

車でお越しの場合 by car

  • 上信越自動車道・上田菅平ICより約10分
    10min by the car from Ueda-Sugadaira I.C.
  • 長野自動車道・岡谷ICより約80分
    80min by the car from Okaya I.C.
  • 長野自動車道・松本ICより約70分
    70min by the car from Matsumoto I.C.

※ 駐車場について
ご宿泊のお客様は、犀の角裏にある専用駐車場をご利用ください。
イベントにご来場のお客様は、駐車可能台数に限りがあるため「海野町パーク」など、近隣の駐車場をご利用ください。